マレーシアでリゾート生活

ウーマン

購入するなら今が狙い目

マレーシアとインドネシアの国境の街ジョホールでは、イスカンダル計画という壮大な都市計画が進行中です。現在不動産物件も増え、ジョホールの将来的な発展に目を付けた人が世界中から移住しています。近年、東南アジアの経済成長が著しいですが、中でもマレーシアは成長スピードの速い国であり、移住者だけでなく世界中の企業がマレーシアへの進出を目指しています。マレーシアは、一年中暖かい気候に恵まれた過ごしやすい国です。電車やバスといった公共機関もありますが、物価が安いのでタクシーで移動したとしても大した額にはなりません。日系のスーパーマーケットもあるので、食べ物にも不自由はしないでしょう。ジョホールでは、複数のコンドミニアムが建設ラッシュを迎えています。海外にマンションや戸建てを購入して移住するとなると、日本に帰りたくなった時に困りますが、月々家賃を支払うコンドミニアムであれば、一定期間だけマレーシアに住むということもできます。プールやバーのついた建物であれば、ちょっとしたリゾート気分を味わえます。家賃は部屋のランクによって異なりますが、10万円以内で借りられる部屋もたくさんあります。一般的に、不動産物件は完成後に価格が上昇します。ジョホールの不動産は開発途中の今だからこそ、手頃な価格で販売されていますが、今後は家賃も不動産価値も上昇するといわれています。コンドミニアムに限らず、今のうちにジョホールの物件を購入しておくといいでしょう。