競売よりも有利です

積み木

ローン返済計画が重要です

近年の住宅ローンの金利は、最低レベルにあると云われています。そのため、多くのサラリーマンがマンションや戸建住宅などのマイホームを取得しています。マイホームを取得する者の多くは、購入額の一部を頭金として支払い、残りの額を住宅ローンを使用しています。住宅ローンの年間の返済額は、年収の2割から3割が理想的と云われています。住宅ローンの返済が不可能となった場合には、抵当の不動産は競売となります。競売よりも任意売却を選択する方が、有利となる場合があります。競売の場合には住宅は相場よりも低く売却されますので、競売後に住宅ローンの残高のみが残ることになります。任意売却は、専門の不動産コンサルタント会社が債務者である金融機関と折衝し、不動産を通常の売買により売却することです。競売の場合には裁判所に競売の手続きを行う必要があり、時間と手間がかかります。任意売却では通常の不動産売買となり、時間や手間は多くかかりません。任意売却では、債務者である金融機関も競売よりも貸付金を多くの回収できますので、金融機関としても有利です。債務者は通常の不動産売買の形態となりますので、競売よりも高く売却できます。競売では売却後、強制的に立ち退きとなりますが、任意売却では不動産の引き渡し時期や条件等も融通がききます。福岡市は福岡県の県庁所在地であり、九州地方最大の都市です。福岡市の人口はおよそ150万人で、福岡県下最大の都市です。福岡市内には、任意売却を専門にしたコンサルタント会社が多数あります。